なぜ今不動産投資なのか

今、不動産投資をお勧めする理由は様々あります。いくつかのポイントをご説明します。

1 長寿時代の資産形成の必要性 

現在の年金制度は、年金の受給支給開始年齢が65歳に引き上げられ、少子高齢化の影響で支給額も減り続けています。また、老後の長期化が進んでおり、長い老後にどう備え、どう生きていくかが人生100年時代の最も大きな課題と言えるでしょう。

このような状況では、勤めていた会社を65歳で定年退職しても、海外旅行やショッピングなど悠々自適な老後を、年金だけでやりくりするには非常に困難といえます。

今、将来の備えとして、年金とは別の収入源を作る為不動産投資を始める方が増えてきています。

2 低金利時代の賢い資産形成

日銀のマイナス金利政策によって、銀行は積極的に企業や一般っ家庭にお金を貸し出すようになりました。そのおかげで、銀行は金利も下げお審査も通りやすくしています。

不動産投資用のローンはマンションの購入、リフォーム、借り換え資金のみに限定されており、審査が通りやすく、自身の資産のレバレッジを最大化することができます。

銀行の融資を利用した不動産投資においては、今が検討するいいタイミングといえます。

民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)

出典: 住宅金融支援機構

3 社会保険料、各種税金引き上げによる手取り額減少

2019年10月より消費税が引き上げられ、年金や介護保険といった社会保険で見直しや改定が相次いでいます。財政が厳しい各種の社会保険は給付の減少が見込まれる半面、保険料などの負担は着実に増えており、家計に重くのしかかります。

ここで、手取り額が減少しており、不動産投資の節税効果、投資効果により、減少分を補填していくことが重要です。

4 インフレ政策においてのリスク分散

「デフレ脱却と持続的な経済成長の実現のための政府・日本銀行の政策連携について」(政府と日本銀行の共同声明)によると、日銀は「消費者物価の前年比上昇率2%」を目標に掲げています。

インフレ時には、モノの価格が相対的が上がり、現金・預貯金の貨幣価値が目減りしていきます。不動産投資は、価格が上がるだけでなく、賃料収益も得られるインフレ政策時の投資効果の良い優れた投資商材といえます。

〒150-0013 渋谷区恵比寿1-18-18東急不動産恵比寿ビル4F

TEL: 03-6408-5371
FAX: 03-6408-5372
Mail: info@asucre-partners.co.jp

JR線・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩5分

GOOGLE MAPS