サラリーマンが投資をして収益を上げるには、不動産投資がおすすめです。その理由は不動産投資の資産形成方法に関連しますが、今回は2つの視点から理由を解説していきます。

サラリーマンで投資をはじめようとしている方は、不動産投資が向いている理由を理解し、投資をはじめるキッカケにしてみてください。

サラリーマンは不動産投資に向いている

サラリーマンだと安定した収入があるので、資産形成に「投資」を検討していない方が多いです。確かに、会社経営者や自営業者と比べると、サラリーマンは収入が途切れたり、収入額が大きく下落したりするリスクは小さいと言えます。

しかし、今後は大企業であろうと安定しているとは言えませんし、年金がどのくらい支払われるかも分かりません。そのため、自分で資産形成をする必要性が、以前に比べると大きく増したと言えます。

そんな中、資産形成をする方法として、サラリーマンには不動産投資が向いていると言えます。

サラリーマンが不動産投資に向いている理由

不動産投資にサラリーマンが向いている理由は、以下2点です。

  • ローンに通りやすい
  • 副業代わりになる

ローンに通りやすい

不動産投資をする物件は、ローンを組んで購入することが多いです。そのローン審査をする要素として「安定して継続的に収入があるか?」という点は重要視されます。
先ほど少し触れましたが、サラリーマンは比較的安定していると評価されていますので、ローン審査に通りやすいです。
せっかく良い物件を見つけてもローン審査が下りなければ、物件を取得できません。そのため、不動産投資において「ローン審査に通るか?」は重要になります。

副業代わりになる

一方、不動産投資も「投資」なので赤字になることもあります。ほかの投資と比べると赤字になるリスクは小さいですが、たとえば空室期間が続いてしまえば、収入が途切れることになります。
そんなときにサラリーマンであれば、本業の給与収入がコンスタントに得られます。要は、不動産運営に関する支出が多くなって赤字になってとしても、本業で補うことができるのです。
これは、安定的に同じ額の給与収入があるサラリーマンならではのメリットと言えます。本業の方で安定的に収入があれば、多少赤字になってもある程度は問題ありません。そのため、元々ローリスクの不動投資のリスクをさらに軽減できます。

サラリーマンと不動産投資は相性が良い

このように、「ローンに通りやすい」、「本業が安定している」という観点から、サラリーマンと不動産投資は相性が良いと言えるでしょう。もちろん、ローンに通りやすいとは言え、大きな金額を借り入れるとリスクは上がります。

そのため、自分の収入を加味して、無理のない範囲で借り入れをすれば、ローリスクで副収入を得ることができるのです。サラリーマンの方は、資産形成の方法として不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

文/中村昌弘

〒150-0013 渋谷区恵比寿1-18-18東急不動産恵比寿ビル4F

TEL: 03-6408-5371
FAX: 03-6408-5372
Mail: info@asucre-partners.co.jp

JR線・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩5分

GOOGLE MAPS