「空室率」は賃貸オーナーにとって収益に関わる大きな問題。物件を購入したときにイメージしていたような不動産投資を行えていない賃貸経営者も多いのではないでしょうか。安定した収益を生み出すためには「賃貸管理」がとても重要になります。そこで今回は、「今日から実践できる空室対策」について解説していきます。

入居者募集も賃貸管理のひとつ

「賃貸管理=入居者にとってのより良い環境づくり」と答える回答は間違ってはいませんが、正しい回答ともいえません。
確かに入居者が過ごしやすい環境を提供することは大切な賃貸管理ですが、空室対策を行うのであれば“入居者募集”の項目も賃貸管理のひとつになります。
入居者募集を重要視している経営としていない経営では、空室率に大きな差がうまれ、結果的に収益にも影響していきます。
安定した賃貸管理を行うために、簡単に実践できる入居者募集・空室対策の方法をお伝えしていきます。

物件が市場に出回っているのか

流通量は賃貸管理会社で決まる

現在募集している状況でも、そもそも物件が市場に出回っていなければ一向に効果はあらわれません。
まず自分の物件が、「どのように市場に流通しているのか」を確認する作業を行いましょう。
誰もが知っているような大手賃貸情報サイトで検索してもヒットしないようであれば、別サイトでヒットする可能性は少なく、契約につながる情報は市場に出回っていないことになります。
仲介手数料を独占したい賃貸管理会社は、自社で契約するために他社に物件情報を流しません。
また、会社の規模と見合わない膨大な情報を扱っているケースも要注意。
そのような管理会社では、情報が処理しきれずに埋もれてしまう可能性があります。

借主のニーズを知る

借主の「ニーズ」は賃貸管理のなかでも重要なファクター。
借主が求めている条件を調査して取り入れることで入居率がアップする事例もあります。
例えば、近くに大学がある場合なら学生向けの物件にして、学生が初期費用を抑えやすくするために家具付き物件にするなど。

賃貸募集の窓口を広げる

入居者を募集することも賃貸管理のひとつだということを理解していただいたことでしょう。
誰もが入居したいと感じる好物件でも、賃貸物件の情報そのものが入居希望者の目に届いて伝わらなければ意味がありません。
賃貸募集の“窓口”を広げることが空室対策につながる賃貸管理となります。
今回お伝えした内容は、このコンテンツを閉じてからすぐに実践できる方法となっています。
空室率で悩んでいる賃貸経営者は取り入れてみてください。

〒150-0013 渋谷区恵比寿1-18-18東急不動産恵比寿ビル4F

TEL: 03-6408-5371
FAX: 03-6408-5372
Mail: info@asucre-partners.co.jp

JR線・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩5分

GOOGLE MAPS