不動産投資をするとき、購入資金の全額を自己資金で用意せず、ローンを活用することが一般的です。そのため、万が一のことがあった場合には、遺族に借金を残してしまうのではないかと不安になるかもしれません。
しかし、不動産投資は万が一のことがあっても安心の、生命保険代わりにすることもできるのです。

ローンを借りるときに、団体信用生命保険に加入する

不動産投資をするときは、借入を行って自己資金よりも大きな金額の不動産を購入するケースがほとんどです。ただ、ローンを組んで不動産を購入することに抵抗がある人もいるかもしれません。
しかし、マイホームを購入する際の住宅ローンと同様、「団体信用生命保険」に加入しなければならないことが多くなっています。

団体信用生命保険に入っていると、万が一の場合にも安心

団体信用生命保険に加入していると、万が一のことがあっても保障が受けられるため、安心して不動産投資をすることができます。

団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、住宅ローンを借りるときに加入することになる生命保険です。 この生命保険は、保険金の受取人が金融機関となっているのが特徴です。住宅ローンを借りた人に万が一のことがあった場合(※)には、金融機関が保険金を受け取り、それでローンの残りを返済することができるのです。

※死亡または高度障害状態になった場合

万が一の場合は、ローンの残額分の保険金が下りる

住宅ローンは、返済が進むにつれてローンの残高が減っていきます。団体信用生命保険は、金融機関が受け取る保険金がローンの残高と同額になるように設計されており、万が一のことがあった場合には以後の住宅ローンの返済が必要なくなります。

ローンの返済が終了すると、その後はローンなしで家賃収入を得ることができます。これが遺族の収入となるため、団体信用生命保険で遺族のための生命保険代わりにもなると言えるのです。

団体信用生命保険で、万が一の時にも遺族に資産を残すことができる

このように、団体信用生命保険に加入することで、不動産投資で借入していても、その負債を残さずに遺族に不動産を残すことができます。
なお、団体信用生命保険の加入が求められない場合があります。その場合は、民間の生命保険会社の「収入保障保険」で、似たような保障を受けることができます。
多額の負債を活用するのが不動産投資です。その負債を遺族に残さないように、団体信用生命保険をうまく活用して、安心できる投資環境を整えましょう。

〒150-0013 渋谷区恵比寿1-18-18東急不動産恵比寿ビル4F

TEL: 03-6408-5371
FAX: 03-6408-5372
Mail: info@asucre-partners.co.jp

JR線・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩5分

GOOGLE MAPS